MENU

【ホンダ】フィット買取査定の極意

フィット買取査定の流れ|売る前に要チェック

2001年に発売されてから多くの方に愛されるフィット。
コンパクトカーでありながら広い内装、素晴らしい走行性能に加え燃費も◎で車としても大変優秀な車種です。
その性もあり、発売した翌年にはカローラを上回る販売台数を売上ました。

 

そんな人気が高いフィット、もちろん買取額も上々!
市場のニーズが高いので、買取業者も在庫を抱える心配がないので他のコンパクトカーよりも高値が期待できます。

 

ですが、人気の高いフィットだからこそ近くの中古車業者などに持ち込んで買取してもらおうとしてはダメ!
業者はフィットオーナーさんよりもフィットが市場人気の高いことを知っていますから、安く買って高く売り利益を上げようとします。
ですからあれこれ理由をつけて買い叩かれる可能性大です。

 

フィットは高く売れる車です。ですからこういったことのないようにしっかりとした手順で高価買取しましょう。

フィットの高額買取は「査定」の取り方がポイント

フィット買取査定の流れ|売る前に要チェック

前述した通り、フィットは買取価格に期待が持てる車種です。
だからこそ、確実に高値で売りたい。
そこでフィットをしっかり高値で買取してもらう方法をご紹介します。
フィットを高値で買取してもらう鍵は「フィットの査定の取り方」が握っています。

 

フィット買取マニュアルスタート 
一括査定サイトで査定を集める

フィット買取査定の流れ|売る前に要チェック

まず査定を集めることが重要。
査定を集め金額を比較するだけでフィットを高く売れる可能性がとてもアップします。
買取の意欲が高いほど、査定金額が高い。ということはそれだけ車(フィット)を欲しがっているということですから、売却額にも期待が持てます。
ではどうやってフィットの査定を集めるかというと一括査定サイトを利用します。

 

一括査定サイトは簡単な登録をすませると、登録業者から複数の査定を集めることができるサービスです。
このサービスを使うことで、査定を集める手間を大幅に削減できます。
そしてもうひとつは、業者に「ライバル」がいることを知らせることができますので、安く見積もると他社へ売却してしまう可能性があることを分からせることができます。これで足元を見られる心配がなくなるわけです。

 

フィットを買取する際、集める査定は20社以上が理想です。

 

20社以上の査定を集めるには以下の一括査定サイトがオススメ。最大で10社以上の査定がとれるので2〜3サイト掛け持ちして利用してみましょう。

 

査定額の高い業者を選別、実車査定へ

フィット買取査定の流れ|売る前に要チェック

査定が集まったら実際に車を査定してもらう業者の選別を行いましょう。実際に立ち合いで車を見せるのであまり選びすぎると大変になりますので多くても7社ほどに抑えましょう。
単純に金額の高い業者、あるいはかんたん車査定ガイドの概算価格よりも高い金額をつけた業者です。
業者を選りすぐったら、実車査定を行いましょう。立ち合いでの査定の前にフィットを洗車したほうがいいですね。業者の印象が変わり、交渉を有利にする傾向にあります。
※ボディのキズなどがあっても修理する必要はありません。
査定終了後は改めて金額を教えてもらえます。
ただしここでフィットの買取を即決してはいけません。まずはすべての業者から金額を聞きましょう。

 

実車査定の後の交渉

すべての業者から金額を聞いた後は、各業者と交渉をしていきます。これは言うまでもなく最終的なフィットの売却額を上げるためです。
査定は金額の最も安かった業者からはじめます。交渉材料は他社の金額です。
ほかの金額を伝えて相手の出方をうかがいます。その金額より高い金額を提示されたら、一旦答えを保留し、次の業者と交渉。
この手順で最終的にもっとも高い金額を提示してきた業者へ売却しましょう。これでフィットは高値で売却できるはずです。

 

車を売却するための交渉術
こちらのサイトにも多数掲載されています。

フィット年式別買取相場

 

フィット(2001〜2006)の買取事情

ホンダから発売されたフィットは、当初設定された月の目標販売台数のおよそ5倍を売り上げ、生産側も驚きの結果を残すなど、驚愕のデビューを飾ったいたのです。
プラットホームにセンタータンクレアウトのグローバルスモールプラットホームを搭載しています。
実はこれはエアウェイブ、フィットアリア、モビリオなどに採用もされることになります。
車全体のデザインは現代のものに通じる車体で、小型乗用車らしく、小さくまとまった丸みのある点が特徴的です。
日本以外でも世界各国で製造がされており、それぞれの国において、微妙なアレンジが加えられて販売されています。
ホンダのフィットは初代が01年発売と、21世紀になってから登場した車名になりますが、このフィットに特徴的なのは、ある程度昔の年式であっても、それなりの高い買取の相場になっているということです。
10万円弱から150万円強と、割と幅広いのですが、高いものは100万円を遥かに超えることもあり、中古車の買取の査定金額としては、このあたりの金額が出れば納得いく結果になることが多いのではないでしょうか?
10年以上前に発売され車もありますから、この年代にしては、割と高値がつく特徴的な車名になると思われます。

 

フィット(2007〜2013)の買取事情

ホンダのフィット2代目は2007年から2013年にかけて販売されていた年式になります。
初代のフィットとと比べると、分かりやすい部分としてはボディの大きさに変化があり、それまでと比較して、迫力や躍動感といったものが増したデザインになっていると思われます。
初代と比較して2代目は部品に特徴があり、中国製やタイ製の部品を積極的に使っていくことにより、製品全体にかかる費用を抑えて、価格もお買い求めしやすい金額に収めており、2代目のフィットは購入者もそれまでと比べて増えたのではないか?と思われます。
ホンダのフィット2代目は07年から13年に販売されていたものですから、割と最近の年式になると思います。
したがって、中古車市場においてもそこまで数が多いわけではないので、需要自体は割とある方ですし、それが買取査定の相場にも反映されていると思われますから、そこそこ期待して良いでしょう。
買取査定金額の相場はだいたい30万から80万円あたりの間になると思われます。
本当に最近に販売されていたことを実感できる車ですから、驚く金額ではないと思いますし、いくつかの査定会社をあたってみると、より高い金額の結果を得られる可能性がありますね。

 

フィット(2013〜)の買取事情

3代目のホンダフィットは、ボディを一段と大きくするなど見た目の変化を加えたが、性能面でもより進化させた姿を披露しており、国際市場でも通用する車の製造に努めた1代と言えるでしょう。
特に注目すべきは、環境などにも優しいとされているアイドリングストップを搭載し、これによって環境とともに燃費にも大きく貢献することになり、機能面でも変化は著しいです。
また、エマージェンシーストップシグナル機能も搭載され、安全性も向上しました。
これは急ブレーキを踏んだ際に、後続車に危険を知らせるなどの効果があり、最新の設備と言えるでしょう。
ホンダの3代目フィットは、かなり査定金額としては高額の数字が期待できるようです。
だいたい30万〜150万円くらいの間のようで、買ったときの金額に近い数字が期待できる場合もあると思われます。
3代目フィットの場合には、特に白や黒のカラーは人気のようで、これらはより高い査定結果が出る可能性もあります。
13年に出たばかりの年式のため、古い感じがしないばかりか、今も乗っている人が大勢いますから、当然、中古車市場に出回っているものも少ないですし、走行距離も少なかったり、やはり査定に有利な材料は揃っています。